[ 速藤年正 ]
全米チャート2007年11月10日付
2007/11/01 23:40:40

Chris_brown_exclusive 全米シングルチャート(HOT 100)

01. (02) Kiss Kiss / Chris Brown Featuring T-Pain
02. (03) Apologize / Timbaland Featuring OneRepublic
03. (01) Crank That (Soulja Boy) / Soulja Boy Tell'em
04. (04) No One / Alicia Keys
05. (05) Bubbly / Colbie Caillat
06. (06) Stronger / Kanye West
07. (08) Good Life / Kanye West Featuring T-Pain
08. (07) Cyclone / Baby Bash Featuring T-Pain
09. (09) Hate That I Love You / Rihanna Featuring Ne-Yo
10. (10) The Way I Are / Timbaland Featuring Keri Hilson

7週間のトップを守ったSoulja Boy Tell'em「Crank That (Soulja Boy)」に代わり、今週はChris Brown Featuring T-Pain「Kiss Kiss」が全米チャート1位に輝いています。

クリス・ブラウン君(18歳)の過去のチャートアクションは以下のとおり。

01. Run It! (2005年11月26日付全米チャート1位)
02. Yo (Excuse Me Miss) (2006年02月18日付全米チャート7位)
03. Gimme That (2006年06月17日付全米チャート15位)
04. Say Goodbye (2006年11月11日付全米チャート10位)
05. Poppin' (2007年02月17日付全米チャート42位)
06. Wall To Wall (2007年06月30日付全米チャート79位)
07. Kiss Kiss (2007年11月10日付全米チャート1位)

(01)~(05)は1stアルバム『Chris Brown』(2006年01月25日国内盤発売)収録。
(06)~(07)は2ndアルバム『Exclusive』(2007年11月07日国内盤発売)収録。

デビューシングルがいきなり全米ナンバーワンだったんですね。これで2曲目のトップということになります。

Alicia_keys_as_i_am 全米R&Bシングルチャート

01. (01) No One / Alicia Keys
02. (02) Bed / J.Holiday
03. (04) Good Life / Kanye West Featuring T-Pain
04. (03) Until The End Of Time / Justin Timberlake Duet With Beyonce
05. (05) Duffle Bag Boy / Playaz Circle Featuring Lil Wayne
06. (06) Kiss Kiss / Chris Brown Featuring T-Pain
07. (07) Can't Help But Wait / Trey Songz
08. (09) Shawty Is A 10 / The-Dream
09. (13) I'm So Hood / DJ Khaled Featuring T-Pain, Trick Daddy, Rick Ross & Plies
10. (08) Teachme / Musiq Soulchild

Alicia Keys「No One」が3週目の全米R&Bシングルチャート1位を獲得しました。
2007年11月21日国内盤発売予定の3rdアルバム『As I Am』からは、今週37位に2ndカット「Like You'll Never See Me Again」もニューエントリー。

注目のニューエントリーを1曲。

○64位→Anthony Hamilton「Do You Feel Me」

サウンドトラック『American Gangster』(2007年11月21日国内盤発売)からの1stカット。Jay-Zがリリースする同名映画応援(?)アルバム『American Gangster』(2007年11月21日国内盤発売)とは別モノです。

さてさて、Keyshia Coleの2ndアルバム『Just Like You』国内盤ついに出ましたね。収録内容を見てビックリ。

《国内盤収録曲》

01. Let It Go (Featuring Missy Elliot & Lil' Kim)
02. (When You Gonna) Give It Up To Me (Sean Paul Featuring Keyshia Cole)
03. Didn't I Tell You (Featuring Too $hort)
04. Fallin' Out
05. Give Me More
06. I Should Have Cheated
07. I Remember
08. Love
09. Shoulda Let You Go (Introducing Amina)
10. Heaven Sent
11. Same Thing (Interlude)
12. Got To Get My Heart Back
13. Was It Worth It?
14. Just Like You
15. Losing You (Featuring Anthony Hamilton)
16. Last Night (Featuring Diddy)
17. Work It Out
18. Let It Go (Remix) (Featuring TI, Missy Elliott & Young Dro)

これじゃ1stアルバム『The Way It Is』(2005年06月21日輸入盤発売)の国内盤化が中止になるワケですよ。

問題は上表記で緑字になっているナンバー。

(06)「I Should Have Cheated」(2005年11月12日付全米R&Bチャート4位~2週間)
(08)「Love」(2006年04月08日付全米R&Bチャート3位)

この2曲は1stアルバムからのヒットなんですけどねぇ…。2ndアルバムに入れちゃうんですか?? もちろんアメリカ盤には入ってません。

(02)「(When You Gonna) Give It Up To Me」

これは当ブログの全米チャート2006年08月26日付R&Bチャートコラムでも書いたとおり、ショーン・ポールの曲にゲスト参加したナンバーです。
Sean Paulのアルバム『The Trinity - 最強版』(2006年6月21日国内盤発売)には入らず、サウンドトラック『Step Up』(2006年9月20日国内盤発売)のみに収められていた新バージョンなので、同サントラを持ってないファンとしてはうれしいセレクトと言えるでしょうか。アメリカ盤未収録です。

(16)「Last Night」

Diddyさんの曲、そのまんまですよね。アメリカ盤にも入ってます。

こうして収録曲を見てみると、確かに1stアルバムを新規国内盤で発売する意義は薄いかもしれません。ほとんどベストアルバムですよ…。

個人的にはスウィートな(10)「Heaven Sent」大プッシュですが、曲の終わりが(11)「Same Thing (Interlude)」のイントロ部分と大幅に重なってるためオンエア要注意。ラジオエディット作ってくれませんかねぇ??

Nelly_furtado_do_it 全米ダンスチャート(CLUB PLAY)

01. (02) Do It / Nelly Furtado
02. (03) Love Today / Mika
03. (06) Amazing / Seal
04. (04) In My Arms / Plumb
05. (01) Disrespectful / Chaka Khan Featuring Mary J. Blige
06. (08) Your Love Is Mine / Corinne Bailey Rae
07. (07) Stronger / Inez
08. (09) Hold It, Don't Drop It / Jennifer Lopez
09. (11) Two Times Blue / Debbie Harry Vs. Soulseekerz
10. (05) I'm Not Featuring You / Taylor Dayne

今週の全米ダンスチャート(CLUB PLAY)はNelly Furtado「Do It」がナンバーワンとなりました。

ネリー・ファータドの過去のチャートアクションは以下のとおり。

01. Turn Off The Lights (2001年12月22日付全米ダンスチャート1位)
02. Powerless (Say What You Want) (2004年03月13日付全米ダンスチャート5位)
03. Promiscuous (2006年08月05日付全米ダンスチャート1位~2週間)
04. Maneater (2006年12月09日付全米ダンスチャート1位)
05. Say It Right (2007年03月17日付全米ダンスチャート1位)
06. All Good Things (Come To An End) (2007年06月30日付全米ダンスチャート1位)
07. Do It (2007年11月10日付全米ダンスチャート1位)

3rdアルバム『Loose』(2006年06月07日国内盤発売)から5曲連続で全米ダンスチャート(CLUB PLAY)1位獲得です。これでトータル6曲目のナンバーワン。

アメリカ盤CDシングル(プロモ??)

01. Original
02. Featuring Missy Elliott
03. Featuring Missy Elliott (Mark Roberts Extended Mix)
04. Bill Hamel Radio Mix
05. Passengerz Radio Mix
06. Needle Damage Club Mix
07. Harry Choo Choo Remero Club Mix
08. Cajimere Club Mix
09. Bill Hamel Club Mix
10. Passengerz Club Mix
11. Grooveduds Club Mix
12. Say It Right (Reggae Remix)

正規プロモ盤かどうか微妙なのですが、自家製CD-Rコピーじゃないみたいです。
オリジナルがポップなだけに、(10)「Passengerz Club Mix」と(11)「Grooveduds Club Mix」が秀逸ですね。何度も両者を聞き比べてみるとやっぱり(10)「Passengerz Club Mix」のほうが薄い感じですかねぇ…。そんなワケで今週は(11)「Grooveduds Club Mix」に一票です。

投稿者:速藤年正
2007/11/01 23:40:40コメント (0)トラックバック (0)
このエントリーに対するトラックバックURL:
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/37897/6552978





速藤年正
渡辺實、中村真理などを輩出した早大DJ研究会出身。
TFM、FM YOKOHAMAのDJを経て、現在、栃木放送『速藤年正のザッピングミュージック』を担当。音楽誌『ザッピィ』のニューリリースページなどをはじめ、R&B、ダンス、ポップ系のライナーノートも手がける。旅行情報誌『じゃらん』の創刊メンバーでもあり、なぜか国内旅行にも詳しい。愛車は1990年製ホンダ・プレリュード(Si-TCV)←全塗済のピカピカ☆
  • OCNブログ
  • OCN MUSIC STORE
  • OCN MUSIC WEB
  • MSIA MELONPANDA CAFE
  • OCNスペシャル なるほどエンタテイメント
[ → 音楽ブログ人 TOP ]